税務調査 > 会計・税務顧問 - 中央区 税理士

あらゆる起業家を徹底的にサポートする

突然の税務調査にも安心の対策

月次巡回監査をサービス内容に含めて頂いている場合には、日々の会計帳簿をチェックするのと同時に税務調査対策も行います。税務調査官から指摘を受けた場合に正しい回答を即答できる会計帳簿や資料を準備し、税務判断の根拠を明確に残すことで、いつでも対応可能な状況を作っていきます。

税務調査の瞬間は突然訪れます。
もちろん、事前に電話等で、納税者または税務代理権限証書に一定の事項を記載して提出することで顧問税理士に調査日程等の連絡があります。
しかし、この通知から実施まで長期的に間が空くということは一般的には無いため、やはり突然やってくるといった感覚になります。

税務調査では、次の項目について指摘を受けることが多くあります。
懸念事項として、当てはまるものはありますでしょうか?

  • 売上の計上漏れ
  • 売上計上時期のずれ
  • 在庫計上漏れ
  • 役員給与(交際費の中に含まれる役員の私的経費)
  • 架空人件費
  • 架空外注費
  • 関係当事者間取引
  • 組織再編取引

これらの項目に関する資料の提示や、質問がきた場合に正しい回答を即答できるでしょうか?

もし明確な説明ができず否認されることがあれば、延滞税や重加算税などの罰金が発生してしまう可能性があります。

税務調査は、法律に基づく論理的な説明も大切ですが、交渉力も必要になってきます。弊所では、次の流れで税務調査のサポートを行っております。

サポートの流れ

顧問契約がない場合

電話相談・依頼メール

顧問契約がなく、税務調査対策のみのご依頼の場合は、電話又はお問い合わせフォームよりご連絡ください。日程を調整の上、ご面談し、お悩み事などをお伺い致します。
初回のご相談は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

事前打ち合わせ

会社の概要、行っている取引の概要、税務調査で指摘を受ける可能性があると懸念している事項や、これまで会社で行っていた記帳の方法、税務調査対策などをお伺い致します。 お話を頂いた上で、税務調査に向けて新たな対策や準備が必要だと判断させて頂いた場合には、改めて弊社の考える対策方法をご提案致します。

資料の拝見

実際にサポートをさせて頂く場合には、過去3事業年度の法人税等の申告書や決算書、取締役会の議事録等を拝見させて頂きます。 これらの資料から、指摘を受ける可能性がある項目を洗い出し、懸念事項の法律根拠を明らかにし、資料の準備を致します。また資金繰りの観点から、洗い出した懸念事項が、仮に否認された場合の追徴税額を試算致します。

税務調査時

税務調査時には弊所も立ち会います。
税務調査官からの質問に対する回答や、指摘事項に対する交渉を行い、法律の範囲内で法人税等の追徴や加算税・延滞税の罰金を最小に致します。

税務調査後の対応

税務調査において修正申告書の作成が必要になった場合にも、全て弊所で承ります。

顧問契約がある場合

月次巡回監査をご依頼頂いている場合には、毎月の月次巡回監査の中で、常に税務調査を意識した上でアドバイスをさせて頂きます。
日々の記帳の方法や、調査の際に必要となる資料の事前準備の方法をお伝えし、ご担当者様のスキルアップも図りながら全面的にサポートさせて頂きます。
そのため、税務調査の実施の連絡があるタイミングでは全ての準備が整っているという状態にすることができますので、本業に影響を与えることなく税務調査を迎えることができます。

また、税務代理権限証書を提出しているため、入り口の調査担当官からの連絡は弊所に届くようにしておりますので、精神的な苦労も和らげることができると思います。

税務調査はいかに事前に準備をすることができるか、そして当日は、いかに法律根拠に裏付けされた交渉を行うことができるかが大切になります。
そのため、出来れば調査担当官から税務調査の連絡がある前に、対策を整えることができれば理想的です。

もし現在の顧問税理士のサービスが次のいずれかに該当する場合には、改めて、税務調査に対する事前対策を検討することをお勧め致します。

  • 普段通りの記帳と税務申告を行っており、「仮に税務調査があった場合には」という言葉が会話に出ない
  • の通り、そもそも税務調査を前提としたサービスではない
  • 日々の記帳をする際に、処理方法について顧問税理士にあまり取り扱いを相談していない、または気軽に相談できる関係ではない
  • 新たな取引が発生した場合に顧問税理士に伝えていない
  • 税務調査の連絡があった場合に、事前に打ち合わせがない
  • 事前の打ち合わせはあるが、1度しかない
  • 顧問税理士が交渉などを行わず、調査官の指摘通りの修正を勧めてくる
  • 税務調査に立ち会わない

一つでも当てはまる項目がありましたら、税務調査への対策は十分とは言えません。
その際には、初回のご相談は無料となっておりますので、お気軽にご連絡ください。

ページの先頭へ