相談 > 会計・税務顧問 - 中央区 税理士

あらゆる起業家を徹底的にサポートする

新しい取引を始める際には会計・税務相談を

新しく取引を始める際には、会計・税務の面でこれまでと全く異なった取扱いになってしまう可能性があります。少し取引の流れを変えるだけで節税になるということもありますので、取引が増える度にご連絡を頂き検討するようにしております。

顧問業務の内容として、「会計・税務相談を受けます。」とだけ記載されていることは多くあります。
ただ、私共がお客様から頻繁に聞く声としては、「どんなことを相談すれば良いかわからない。」ということです。

税理士は、会計・税務の専門家です。そのため、どんな取引が発生すれば会計・税務的に問題が発生するか、そして節税の可能性があるかということが分かっております。
知っているから気付くことができるのです。
当然ですが、私共のお客様は会計・税務の専門家であるということは少ないかと思います。
だからこそ、私共にご依頼して下さっているのです。
その前提を良く考えれば、会計・税務相談を受けますとだけお伝えしても、何を相談すれば良いのか、新しく取引が始まったものの、相談の仕方が分からないという状況になるのは当たり前です。

そこで弊所では、新しい取引が始まった場合には、必ず教えてくださいとお願いしております。取引の概要を伺った上で、もし問題がありそうなら、リスクとなり得る可能性がある事項をお伝えし、改善を図ります。
また、教えて頂ければ、少し取引の流れを変えるだけで節税に繋がることを発見できる場合もあります。

ちょっとしたことでも、すぐに私共を思い出して頂き、ご相談して頂ける関係になれるように努めて参ります。

ご相談を頂き、問題となりそうな箇所をお伝えし改善する。
このステップを繰り返すことで、気が付けばお客様ご自身が会計・税務に詳しくなっているということも少なくありません。

ページの先頭へ