記帳代行 > 会計・税務顧問 - 中央区 税理士

あらゆる起業家を徹底的にサポートする

本業に集中するための記帳代行

記帳代行とは税務申告や経営状況の把握のために、日々の通帳、領収書や請求書等のコピーをお預かりし、試算表を御社に代わって作成するサービスです。

記帳代行サービスの流れ

末締め資料一式を翌月5日頃までにお送り頂きます(メールまたは郵送)

  • 月末記帳済の通帳コピー(ネットバンクご契約のお客様に関しては幣所からの閲覧設定を頂ければコピーはお送り頂かなくても構いません。)
  • 月末締めまでの売上請求書コピー(締日が月末前までのお客様は、その月末日前までの請求書で構いません。)
  • 月末締めまでの仕入・支払請求書コピー
  • その月の領収書一式
  • 給与台帳コピー(幣所にて給与計算をさせて頂いている場合は不要です。)
  • その他その月に発生した契約書コピー

資料に関する質問・ご回答

頂いた資料を確認のうえ、ご質問させて頂く場合がございます。

ご報告

試算表作成のうえ、ご説明にお伺いさせて頂きます。ご心配事項等がございましたら、この際にご相談下さい。

記帳は手間がかかる割に売上に直結するものではありません。
しかしながら、試算表やキャッシュフローは成績表のようなものであり、必ず各ステージや意思決定をするうえで見直す必要のあるものです。

また、税務申告というコンプライアンス面からも求められることから、事業内容が数字とは直接関係のない業種の経営者様は基礎知識を勉強する必要があります。
直接にお金を扱うことや、会社の状況が分かってしまうものであることから、人を雇うにしてもある程度信用のある人に任せる必要がある分野です。

このようなことに時間をとられるのであれば、てっとり早く必要な部分は専門家に質問してご理解頂き、事務作業は外注にだしてしまって経営者様はご自身の事業に集中したいと思いませんか。
私どもは経営者様が快適に事業に集中できるような事務面でのサポートをはじめ、作成した試算表を活用し、より事業に反映できるようなアドバイスを付加したアウトソーシングサービスを行っております。

ページの先頭へ