月次巡回監査 > 会計・税務顧問 - 中央区 税理士

あらゆる起業家を徹底的にサポートする

会社の状態をチェックする月次巡回監査

会社の状態は常に変化していきます。
そのため、会計帳簿のチェックをした上で、決算準備、資金繰りの管理、節税対策、経営のご相談を中心に、現状の問題点の早期発見と解決策のご提案等を行います。

弊所では、単なる帳簿チェックの作業員ではなく、お客様のビジネスパートナーになることを目指しております。そのためにも、出来る限り、書面やメール・電話のみのやり取りではなく、実際にお会いして次のサービスをご提供しております。

サービスの流れ

組織作り

まずは会社内の経理体制を整えます。経理体制がない場合には、日々の記帳の方法からファイリングの方法などの経理体制の導入をサポート致します。 経理体制がある場合には、より時間の短縮ができないかなどを検討し、効率化を図ります。

会計帳簿のチェック

毎月の会計帳簿を拝見し、仕訳や消費税を含む税務処理に誤りがないかなどをチェック致します。その上で、記帳にあたってのアドバイスや、節税となる方法を提案しながら、ご担当者様のスキルアップをお手伝い致します。

試算表のご説明

月次試算表を使って、前年同月比での会社の状況や今期の水準など、経営者様の目線で会社の状態をご説明し、予算との差異分析を行いながら今後どのような方向に動くべきかを一緒に考えご提案させて頂きます。もちろん試算表の見方についても、ご希望に応じてご説明致しますのでご安心ください。

節税対策

毎月の試算表のご説明と並行して、時期に応じて納税額の試算を行います。
そこで、可能な限り節税対策を実施した上で、必要となる納税資金をお伝え致します。

決算準備

決算の数か月前になってきますと、今期の着地見込みが分かる状態になります。
そこで、対税金や金融機関を意識しつつ決算の事前検討を行い、ご担当者様も含めて、決算作業を円滑に行うことができるよう打ち合わせをさせて頂きます。決算を組めるまでには内部の体制が整っていないという場合には、決算の部分のみ弊所で請け負うこともできますので、お気軽にご依頼下さい。

決算説明及び翌事業年度の役員報酬の決定

決算が固まった後に、前年や予算・事業計画と比較した決算内容のご説明を致します。
その内容をもとに、来期の事業計画を作成・修正し、予算を立てることになります。
役員給与は、原則として毎月同額を支給しなければ費用とはならないと税法で定められているため、このタイミングで翌事業年度の役員給与を決定する必要があります。
そのためにも、ここでの事業計画の作成が重要になりますので、弊所が全面的にサポートさせて頂きます。
【1】〜【6】のステップを繰り返すことで、会社の発展をサポートしていきます。
起業間もない場合や、記帳代行をご依頼頂いている場合には、【3】〜【6】を実施致します。もちろん、ご要望に応じて、徐々に会社内部に経理体制を持てるようお手伝いもさせて頂きます。
ページの先頭へ