NPO法人の認定取得 > 社会起業家支援 - 中央区 税理士

あらゆる起業家を徹底的にサポートする

NPO法人の認定取得サポート

NPO法人のうち、一定の要件を満たす法人は、申請を行い所轄庁から認定を受けることができます。認定を受けたNPO法人への寄付は、税制上のメリットが用意されておりますので、認定を受けることで新たな寄付を呼び込める可能性があります。

NPO法人には、認定取得といった制度があるのはご存知でしょうか。

所轄庁から認定を受けたNPO法人へ寄付を行った場合には、寄付者側で寄付金の所得控除や税額控除、特別損金算入限度額という税制上のメリットがあるため、認定NPO法人は通常のNPO法人よりも新たな寄付を呼び込める可能性があります。
また当該認定NPO法人に対しても税制上のメリットが用意されております。

更に、認定NPO法人は、適切な事業運営と、情報の公開を行い、継続的に認定要件をクリアする必要があることから、社会からの認知度や信用が高まります。

認定申請は、申請書の提出日を含む事業年度の初日において、設立の日から1年を超える期間が経過している場合に行うことができます。
初めて認定を受けようとする場合には、直前に終了した事業年度の末日以前2年内に終了した各事業年度のうち最も早い事業年度の初日から当該末日まで(基本的には直近2事業年度)を実績判定期間として、各基準の判定を行うこととなります。

NPO法人が認定を取得することにはメリットがある反面、申請書類の作成には会計的な知識が必要であり、その後の認定継続のためには、必要書類を作成し基準をクリアし続けるための内部管理体制を整える必要がございます。
弊所では、認定申請から、認定後の管理に至るまで一括してサポートを行っております。
もちろん、認定申請のみのご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

サービスの流れ

ご面談

法人の概要や事業の目的をお伺いし、認定NPO法人となることが必要か、また認定を受けることができる可能性があるかなどを事前に検討致します。
必要に応じて専門家をご紹介し、内部規程を作成致します。

申請書類の作成(事前検討)

過去2事業年度の事業報告書や決算報告書などを頂き、申請書類の作成を行います。

申請書類の提出

全ての書類が整った後に、申請書類を提出致します。

認定後のサポート

認定NPO法人となった後には、毎年作成や所轄庁へ提出することが必要となる書類が多数ございますので、継続して弊所でサポートさせて頂きます。

料金体系

認定に係る申請書類の作成サポート:最低料金250,000円~(税別)

法人規模や事業内容、弊所にご依頼頂く業務内容により料金が異なりますので、詳細なお話を伺った後に、お見積りをさせて頂きます。
認定後のサポートについては、基本的には顧問契約を締結させて頂いた上で、顧問料金の範囲内で対応させて頂きます。

ページの先頭へ