代表インタビュー - 中央区 税理士

あらゆる起業家を徹底的にサポートする

代表インタビュー

経営者の皆様は、とても強い想いを持って起業したのではないでしょうか?
会社はとても大切な存在です。その会社を共に発展させ、従業員を守っていくためには、同じ想いを持つ税理士を選択することが重要になると考えております。
そのため、皆様が正しく事業のパートナーを選ぶことができるよう、私がどのような想いで税理士という職業を行っているかお話させて頂きます。

1.世の中にある多くの仕事の中で税理士を選んだ理由は何ですか?

一言でお伝えすると、起業家が好きだからです。
それだけでは、よくわかりませんね。
私は、起業家の方々の発想力、考え方、そしてアイデアを実際に形にする行動力がとても好きです。多くの人が、より良い社会を作るためのアイデアを持っているかもしれません。その中でも、とても強い信念と自信を持って実践しているのが起業家だと思っております。 勤めていた会社を離れ、一人でアイデアを実践するのは勇気のいることです。また、多くの従業員を抱えた会社の社長となり、従業員とその家族を守っていかなければならないという立場は、容易に想像できないプレッシャーがあるかと思います。 それでも自分を信じて、経営者になるという道を選んだ方々のサポートがしたいと思いました。
そのような中で、知り合いの経営者から、悩みが出た場合に素直に隠し事なく相談できるのは顧問税理士だと伺いました。税理士には会社の全てを理解してもらっているし、多くの経営者と関わりを持っているため、他の経営者がどのような考え方をしているかも聞くことができるとお話しておりました。 私は、このようなお話を伺って、税理士は経営者にとって最も身近な事業パートナーになれる存在だと確信し、この職業を選択しました。

2.この仕事の魅力、一番面白いところは何ですか?

人と人が関わっていく中で、信頼して頂くことができ、お客様から相談のご連絡を受けることができるようになったときが一番面白いと感じます。
顧問契約を結んで頂いた後、お客様からすぐに全てをお話して頂けるということは、あまり多くありません。
最初はこちらから頻繁に連絡を取り、出来る限りお客様に会いに行き、色々なご質問やお話をしていく中で、やっと悩み事を聞くことができるという状態です。
ただ、多く顔を合わせてお付き合いしていく中で、徐々にお客様からの連絡が増えていきます。気付けば「今、事務所の近くにいるので寄っても良いですか?」とご連絡を頂き、会社以外の相談をして頂くこともありました。
私のことを頼って頂ける関係が築けたとき、この仕事を選んで良かったと実感します。
また、この瞬間に立ち会えることが一番の魅力だと思っております。
税理士という職業は、人と人との関わり合いがとても大切です。良い人間関係を築くことができなければ、経営者が抱える悩みや、会社の発展のために、どのようなサービスが必要かということを把握することはできません。

3. 大変なときがあっても、この仕事をやめなかった理由は何ですか?

私を頼ってくれる人を、決して裏切ることはできないからです。

4.事務所内で大事にしていることは何ですか?

誰のために仕事をしているのかを常に意識し、お客様の立場にたって物事を考え実践することです。
私達は作業員になってはいけないし、また、お客様も税理士事務所に作業だけを依頼したいのではないと思っています。経営者のパートナーとなるためには、常に自分で考え最善の方法で実践することが必要です。
こういった意識を持つためには、誰のために働いているのか、その仕事は何のために行っているのか、作業として行っているのではないか、ということを考えてもらうようにすることが大切です。

5.状況が変化しても絶対に変えたくないことは何ですか?

気持ちに余裕を持つことです。
自分自身に余裕を持たなければ、心からお客様を応援することができなくなり、お客様や家族への感謝の気持ちも失われてしまう恐れがあると思っております。
どんな状況でも焦らず、打開策を見つけるために余裕を持つことが大切です。

6.休日は何をして過ごしていますか?

家族で公園まで散歩にいったり、旅行に行ったりとのんびり過ごしています。
最近では、愛犬(チワワ)も一緒に泊まれるホテルに旅行することが一番の楽しみかもしれません。

ページの先頭へ