財産評価 - 中央区 税理士

あらゆる起業家を徹底的にサポートする

財産評価

株式保有特定会社株式の評価 25%以上でも類似適用

<初めに>財産基本通達上では、大会社は原則として類似業種比準方式により評価を行いますが、株式保有特定会社(大会社の場合には、総資産価額に占める株式等の価額の合計額の割合が25%以上の会社)に該当する場合には、「純資産価額方式」又は「S1+S2方式」が適用されます。かなりの利益体質又は潤沢な内部留保がある会社でない限り、一般的には類似方式の方が純資産方式より株価を低く抑えることができるため、税理士が相談を受けるときは、この株式保有特定会社やその他の特定会社に該当しないよう組織再編などを行い(もちろん事業上の理由があるという前提で)類似の適用を目指すということが一般化しているかと思いま
ページの先頭へ