セカンドパートナーズブログ - 中央区 税理士

あらゆる起業家を徹底的にサポートする

セカンドパートナーズブログ

仕事と作業

昨日「Fintechが士業にもたらす大改革」という研修に参加してきました。講師はマネーフォワードの取締役の方だったのですが、そこで興味深いお話をされていました。「仕事とは辛いもので、辛さが軽減された時点で、それは仕事から作業になるんです。」と。我々の業務は、税金計算や書類作成代行をする業務が多いため、知らず知らずのうちに作業をしてしまっているかもしれません。作業をするだけの業務には高い価値はなく、いずれAIにでもできる仕事となると言われています。お客様が、お金を払って満足する税理士は、意思決定をする際や困ったときに相談できる税理士です。税理士のもとには、さまざまな業種の内情や情報が集まります。もちろん守秘義務はありますが、その情報や経験則からお客様の役に立つような意見を述べることが、これからの税理士に求められる資質なんだろうなと思った研修でした。----------------------

自宅兼事務所の必要経費算入

 いよいよ年末も近づき、確定申告に備えて準備する時期となりました。さて、個人事業主の方は事務所を借りず、自宅の一角を事務所として活動されている方も多いと思います。このような場合、賃貸の家にお住まいの方は、賃借料を全体の床面積のうち事務所利用分の床面積による比率で按分した金額を必要経費とすることができます。自己所有の自宅の場合は、建物の取得価額をもとに計算した減価償却費を、賃貸の場合と同様に全体の床面積のうち事務所利用分の床面積による比率で按分した金額を必要経費とすることができます。ただし自己所有の自宅で、住宅ローン控除を受けている場合は注意が必要です。住宅ローン控除は居住用の住宅に対する所得税額控除となりますので、事務所利用スペースのある物件の住宅ローン控除額を計算する際は、事務所利用スペースを除いた床面積に対する借入金の金額のみ住宅ローン控除を受けることができます。なので、事務

会話に苦手意識がなくなったのは3分間スピーチのお陰だった!!

苦手だった会話私は自分の考えていることを人に話すのが好きで、ここにお酒なんて加わったら話が止まらなくなり煙たがられます。 なので、会社の入社面接だったり、昇進なんかのための面談だったりの場というのは、とにかく自分がしゃべることがメインで、そのために時間を作ってもらえてしまっているから、とても好きでした。 でも昔はそうではなかったんですよね。 話したい事というのも頭に浮かび上がってこないし、せっかく浮かんでも上手く伝えられないということが多く、自分の考えを人に伝えるということを避けていた時期もありました。  それがなんで煙たがられるほど話が出てくるようになったのかな、と考えていた時、ふと思い出したのが3分間スピーチでした。  3分間スピーチをやっていた時のことを思い出す新卒の時に入社した税理士事務所で、毎朝3分スピーチをするという研

消費税が10%になった後に起こること(免税事業者からの仕入れ)

先日の選挙後の政府コメントでもありました通り、リーマンショック級の事態が起らない限り、平成30年10月1日から消費税が8%から10%に引き上げられます。 ここで大きく変わることが一つ。 それは免税事業者からの仕入れの取り扱いです。 そもそも消費税の仕組みはこのようなかたち。A商店の目線で見てみてください。 A商店がB商店から10,000円(税抜)で商品を仕入れて、C商店20,000円(税抜)で売った場合。①預かっている消費税:C商店への販売代金にかかる消費税1,600円(20,000円×8%)②支払った消費税:B商店からの仕入代金にかかる消費税800円(10,000円×8%) 預かった消費税①から支払った消費税②を引いても、A商店はまだ800円を預かったままになっているので、これを国に納付します。 しかし、これはみんなが納付しない

気を付けて!飲食店の創業融資

飲食店を始めようとするとき、物件を借りるための初期費用や内装費、更に最初の食材の仕入れ代など、普通の事業をやるのに比べて多くのお金が必要になります。 そんな時に、活用するのが金融機関からの融資。そして過去の実績がない創業のタイミングでも、無担保・保証人無しで借りることができるように作られた制度が創業融資になります。 創業融資の詳しい内容については、こちらグループ会社のサイトに譲るとして↓ http://www.secondpartners.com/ 規模が小さいことを前提とした話ですが、創業融資をお願いする先は大きく、・日本政策金融公庫・お店近くの信用金庫の2つがあります。 融資の申請をする際には、創業計画書や内装の見積書など様々な書類を提出する必要がありますが、信用金庫に申請する場合には、営業許可証も必要になります。 この営業許
ページの先頭へ