資金調達 - 中央区 税理士

あらゆる起業家を徹底的にサポートする

資金調達

創業融資と自己資金

これから創業をする方からの相談で、自己資金がほとんどないけど、融資を受けて事業を開始したい、という相談をたまに頂くことがあります。 最近は、資金調達の手段も広がってきているので、自己資金が少なくても創業できないことはないです。ただし、開業資金の大半を融資で調達しようと考えている場合は、基本的に、自己資金の金額が融資申請の要件となっているため、注意が必要です。 ①日本政策金融公庫の新創業融資制度の場合一定の要件を満たしている場合は、自己資金0円でも融資申請できることになっています。しかし原則は、「創業資金総額の10分の1以上の自己資金を確認できる方」という要件があります。&n

気を付けて!飲食店の創業融資

飲食店を始めようとするとき、物件を借りるための初期費用や内装費、更に最初の食材の仕入れ代など、普通の事業をやるのに比べて多くのお金が必要になります。 そんな時に、活用するのが金融機関からの融資。そして過去の実績がない創業のタイミングでも、無担保・保証人無しで借りることができるように作られた制度が創業融資になります。 創業融資の詳しい内容については、こちらグループ会社のサイトに譲るとして↓ http://www.secondpartners.com/ 規模が小さいことを前提とした話ですが、創業融資をお願いする先は大きく、・日本政策金融公庫・お店近くの信用金
ページの先頭へ