合併した場合の欠損填補 - 中央区 税理士

あらゆる起業家を徹底的にサポートする

合併した場合の欠損填補

2013/01/26

前回欠損填補について記載致しましたが、合併があった場合にはどうなるでしょうか。

 

つまり、欠損填補を行っていた被合併法人の資本金等の額を引き継いだ合併法人では、資本割の計算を行う際、この被合併法人が行った欠損填補分を差し引くことができるか?

 

結論としては差し引くことはできません。

 

この欠損填補の特例は、「無償減資又は準備金の取り崩しにより欠損填補を行った法人」又は「剰余金を損失てん補に充てた法人」が適用対象者となっており、この行為を行ったのは、あくまで被合併法人で、合併法人が行ったものとはされないという整理のようです。

ページの先頭へ