M&A - 中央区 税理士

あらゆる起業家を徹底的にサポートする

M&A

合併した場合の欠損填補

前回欠損填補について記載致しましたが、合併があった場合にはどうなるでしょうか。 つまり、欠損填補を行っていた被合併法人の資本金等の額を引き継いだ合併法人では、資本割の計算を行う際、この被合併法人が行った欠損填補分を差し引くことができるか? 結論としては差し引くことはできません。 この欠損填補の特例は、「無償減資又は準備金の取り崩しにより欠損填補を行った法人」又は「剰余金を損失てん補に充てた法人」が適用対象者となっており、この行為を行ったのは、あくまで被合併法人で、合併法人が行ったものとはされないという整理のようです。

税務デューディリジェンス(1)

初めに 税務デューディリジェンスと聞いてピンとくる人は世の中にどのくらいいるのでしょうか。 私も税理士として働き始めた当初は聞いたことすらありませんでした。小説「ハゲタカ」が世間で流行ったこともあり、以前よりは一般的な言葉になってきたようにも感じます。 Due diligenceをそのまま英和辞書などにあてはめてみると、「精査」とでてくるかと思います。 つまり簡単に言ってしまえば税務デューディリジェンスとは、税務に関する精査であり、このサービスを行っているのが税理士です。 Clientは? 精査と記載されても具体的なイメージがつきにく
ページの先頭へ